短肌着のサイズ選び

生まれたばかりの赤ちゃんは身長は50㎝くらいで体重は概ね3Kgぐらいで生まれてきます。もちろん新生児肌着も体にあったサイズを選ばなければなりません。しかし赤ちゃんは成長が著しく新陳代謝も活発なので汗をかいたり汚したりすることも多いのと身長が伸びるのも非常に早く1ヶ月で数センチから10センチ近くまで伸びることもあります。一般的に肌着のサイズは50㎝からで生まれたばかりは大きく感じるかもしれませんが赤ちゃんの成長は早いのですぐにサイズは小さくなってしまいます。また生まれた季節によって素材なども変わってくるので準備したものが着せられなかったという失敗をすることもあります。7月に生まれたのに50㎝の冬物の肌着はおそらく着ることはありません。この場合冬物を着る季節にはおそらく70㎝くらいの肌着が必要な時期になっています。

サイズと季節と素材の関係はよく理解して肌着を選ぶようにすることもポイントです。もちろん短肌着はいくらあっても足りないくらいのものですが使用できる期間も短いものです。また出産祝いなどでもらうことも多くあるのも肌着系の衣類です。生まれたばかりの赤ちゃんにとって短肌着は非常に重要な役割を果たしてくれ一年中必要なものでもあります。赤ちゃんが健やかに育っていくためにも肌着などの配慮も欠かすことはできません。大切な赤ちゃんをしっかり守ってあげる必要があります。

短肌着の素材

肌着肌着の素材にはガーゼ、天竺、フライス、スムース、パイルなどがあり、それぞれの特徴をよく知った上で季節は状況に応じた使い分けをするといいでしょう。ガーゼは薄手で柔らかい平織り生地になっており通気性と吸汗性が高いのが特徴です。薄手なので夏などは涼しげに見えますし洗濯しても乾きが早いのも特徴です。薄いので重ねて着ることも可能で季節に応じた使い方ができます。ただし若干目が粗いところもあります。Tシャツなどの素材に用いられるのが天竺で薄手でさらっとした肌触りで短肌着にも用いられることも多くガーゼ同様夏用肌着で用いられます。

そのほかフライスは横方向の伸縮性に強く動きが活発になってきた赤ちゃんにも対応しやすく素材も柔らかいので季節を問わず着られる短肌着です。スムースは両面リブ編みになっていて手触りも繊細でなめらかな作りになっています。やや厚めの生地なので秋冬向きの素材でもあります。パイルはタオル生地になっていて羽状とループ状とがあり厚みのある素材です。保温性が高いので主に冬用として使われています。肌着の着方も短肌着だけでなく長肌着との組み合わせや短肌着とコンビ肌着とのセットで着ることが多く季節や赤ちゃんの成長に応じた着せ方がありますがベースとなる肌着は短肌着となります。

次頁…短肌着のサイズ選び

短肌着の種類

赤ちやん新生児肌着の種類も様々にありますが、一番丈が短く腰のあたりくらいの丈の長さで半袖になっているのが短肌着です。前で合わせて紐で結ぶタイプが最もスタンダードでこれは首がまだ据わっていない赤ちゃんを寝かせながら着替えるのに便利な作りになっています。1歳近くになって動きが活発になってくると反対に寝かせながら短肌着を着せるのが大変になってくるのでそのくらいになると前で合わせて紐で結ぶタイプよりは上から被せる短肌着の方が着替えさせやすいでしょう。また短肌着は地肌に直接触れるので生地なども肌触りのいいものを選ぶことが大事です。

短肌着の素材も様々で季節や環境を考慮してそれぞれの特徴に応じた素材を選ぶことが大事です。また肌着の袖口、脇、裾の縫い目がすべて表側に出ていることが大事で縫い目の部分が直接肌に触れないように配慮が施されています。体の前で紐で結ぶ短肌着が一般的ですが最近ではワンタッチ式の短肌着も増えており前の部分にファスナーを使って合わせるだけで着られる短肌着も増えてきています。紐はほどける可能性がありますがワンタッチ式はしっかりと着せられるのも特徴です。色柄に関しても無地が最も一般的ですが最近ではカラーも豊富に揃っていてキャラクターや模様の入った柄物も多くなっており親御さんの好みが反映されます。

次頁…短肌着の素材

新生児肌着とは

ベビー新しい生命の誕生は多くの人を感動と喜びに満たしてくれます。赤ちゃんの無邪気な笑顔に癒され新たな力を得ることもあります。その愛らしい赤ちゃんを守るのが衣服で特に生まれたばかりの赤ちゃんは自分では何もできません。さらに赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので肌着や衣類に関してもちょっとした配慮が必要になります。新生児肌着に関しては赤ちゃんには絶対に欠かせない衣類で何枚あっても足りないくらい必要な衣類です。肌着といっても色々な種類があり短肌着から長肌着、コンビ肌着、ボディースーツなど季節や用途によって使い方も様々です。その中でも短肌着は最も頻度が高く月齢や季節を問わず着せる基本となる肌着となります。

新生児の赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。ちょっとしたことで皮膚に症状が出たりアレルギーなども起こすこともあります。また赤ちゃんは非常に汗をかきます。体は小さくても汗腺の量は大人と変わらないくらいあるそうで、さらに成長度が新生児は特に早いので新陳代謝も活発になり、汗と皮脂に分泌が非常に多くなります。まして生まれたばかりの赤ちゃんは自分で体温調整ができる力が備わっていないので体温調整にはお母さんが配慮しながら衣類で温度調整をしてあげる必要があります。そのためには短肌着が重要な役割を担っており短肌着は必要不可欠な衣類となります。そのほか汗を掻くだけではなくミルクの吐き戻しやウンチの漏れなどで汚れることも頻繁にあり洗濯しても追いつかないくらい1日に何枚あっても足りないのが短肌着です。

次頁…短肌着の種類