短肌着の素材

肌着肌着の素材にはガーゼ、天竺、フライス、スムース、パイルなどがあり、それぞれの特徴をよく知った上で季節は状況に応じた使い分けをするといいでしょう。ガーゼは薄手で柔らかい平織り生地になっており通気性と吸汗性が高いのが特徴です。薄手なので夏などは涼しげに見えますし洗濯しても乾きが早いのも特徴です。薄いので重ねて着ることも可能で季節に応じた使い方ができます。ただし若干目が粗いところもあります。Tシャツなどの素材に用いられるのが天竺で薄手でさらっとした肌触りで短肌着にも用いられることも多くガーゼ同様夏用肌着で用いられます。

そのほかフライスは横方向の伸縮性に強く動きが活発になってきた赤ちゃんにも対応しやすく素材も柔らかいので季節を問わず着られる短肌着です。スムースは両面リブ編みになっていて手触りも繊細でなめらかな作りになっています。やや厚めの生地なので秋冬向きの素材でもあります。パイルはタオル生地になっていて羽状とループ状とがあり厚みのある素材です。保温性が高いので主に冬用として使われています。肌着の着方も短肌着だけでなく長肌着との組み合わせや短肌着とコンビ肌着とのセットで着ることが多く季節や赤ちゃんの成長に応じた着せ方がありますがベースとなる肌着は短肌着となります。

次頁…短肌着のサイズ選び