新生児肌着とは

ベビー新しい生命の誕生は多くの人を感動と喜びに満たしてくれます。赤ちゃんの無邪気な笑顔に癒され新たな力を得ることもあります。その愛らしい赤ちゃんを守るのが衣服で特に生まれたばかりの赤ちゃんは自分では何もできません。さらに赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので肌着や衣類に関してもちょっとした配慮が必要になります。新生児肌着に関しては赤ちゃんには絶対に欠かせない衣類で何枚あっても足りないくらい必要な衣類です。肌着といっても色々な種類があり短肌着から長肌着、コンビ肌着、ボディースーツなど季節や用途によって使い方も様々です。その中でも短肌着は最も頻度が高く月齢や季節を問わず着せる基本となる肌着となります。

新生児の赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。ちょっとしたことで皮膚に症状が出たりアレルギーなども起こすこともあります。また赤ちゃんは非常に汗をかきます。体は小さくても汗腺の量は大人と変わらないくらいあるそうで、さらに成長度が新生児は特に早いので新陳代謝も活発になり、汗と皮脂に分泌が非常に多くなります。まして生まれたばかりの赤ちゃんは自分で体温調整ができる力が備わっていないので体温調整にはお母さんが配慮しながら衣類で温度調整をしてあげる必要があります。そのためには短肌着が重要な役割を担っており短肌着は必要不可欠な衣類となります。そのほか汗を掻くだけではなくミルクの吐き戻しやウンチの漏れなどで汚れることも頻繁にあり洗濯しても追いつかないくらい1日に何枚あっても足りないのが短肌着です。

次頁…短肌着の種類